日本ソフトウエアの取り組み

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進への取組み

日本ソフトウエア株式会社では、社員が仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい職場環境の構築を図ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定します。

計画期間 : 2017年11月1日 ~ 2020年10月31日

目標1

「自分を変える、仕事を変える、成果をだして早くかえる」を推進し「時間より成果を重視する企業風土への変革」を進めることで、全社員が仕事と生活を両立しながら最大限の能力を発揮できる制度を整備する。

〈 対策 〉

  • ①就業時間の短縮による全社員の短時間勤務の促進
  • ②所定外労働削減施策の拡充
  • ・企業内意識啓発研修の実施
  • ・「個人別がんばるタイム」の実施
  • ・一斉定時退社日の実施(2回/月)
  • ③短時間制社員制度の導入検討

目標2

子育てを含め女性労働者の就業の継続と活躍推進に向けた研修を実施し職場風土の改革に取り組む。

〈 対策 〉

  • ①女性社員、管理職に向けた活躍推進研修の実施

目標3

子育てしながら働く社員が休暇制度をより利用しやすくするために制度を拡充する。

〈 対策 〉

  • ①看護休暇、配偶者サポート休暇の導入

2017年10月27日制定

∧